プリリジーは挿入時の射精時間を最大3倍延長させる、世界初の錠剤タイプの早漏防止治療薬です。日本ではまだ認可が下りておらず、馴染みの薄い薬ですが世界ではかなりの知名度で効果も抜群です。

早漏防止治療薬プリリジー

プリリジーと皮膚柔軟部に塗布する早漏れの薬

プリリジーは内服タイプのSSRIの薬なので早漏れを防ぐために服用すると2週間程度で効果が実感できるようになります。この薬はうつ病などの精神疾患に効果のある薬なので効き目に関しては個人差がありますが、一般的には射精が遅くなるので、早漏れに悩んでいる男性には効果的に作用します。プリリジーに関しては早漏治療薬として処方を受けることができますが、自費診療なので全額負担しなければなりません。SSRIの薬は精神科などを受診すると保険適用されたものが処方されるので、自分の症状に合わせてプリリジーなどのSSRIの処方を受けることが重要です。早漏れの薬は内服タイプのものよりも軟膏タイプやクリームタイプのものが普及していて、皮膚が柔軟な部分に塗布することで早漏れを予防することができます。この薬は陰嚢などの皮膚が柔軟な場所に塗布すると男性の更年期に効果がありますが、亀頭の周囲に塗布すると早漏れにも効果があります。EDの場合は男性の更年期が関係しているので皮膚の柔軟部に塗布することが多いのですが、若い男性の場合は男性ホルモンは関係ないので、亀頭の周囲に塗布することになります。プリリジーは毎日服用しなければなりませんが、軟膏タイプは徐々に間隔を空けて最終的には週2回程度にすると早漏れを改善することができます。テストステロンと局所麻酔剤が配合されているものが多いので、早漏れを予防すると同時に勃起がし易いようになります。プリリジーは脳に作用する薬なので使用上の注意を守らないと頭が痺れるなどの不快感が起きることがありますが、クリームタイプのものは塗り過ぎなければ副作用等が起きないので最初の段階では塗り薬を優先します。